忍者ブログ

定額制、特か損か


2014年7月8日の日本経済新聞の朝刊。“コスト一定、集客アップ 通話や映画なぜ定額制”という見出しの記事です。記事には定額制サービスの例の表もあります。スポーツクラブ→会費を払うと利用し放題。公共交通→定期券で指定区間は乗り放題。携帯電話→オプション料を払うと国内通話がかけ放題。インターネット接続→会費を払うと使い放題。DVDレンタル→会費を払うと旧作などが借り放題。映画館→会費を払うと旧作など観放題。インターネット普及率(個人)というグラフもあり、定額制の普及が始まった1999年から急激に増えています。一見サービスを提供する会社は損をしそうだともいます。
それが逆なのです。利用者数が増えるので、会社は何も損をしないのです。むしろ儲けの方があるのでは?。サービスによっては。定額制でも利用しないユーザーも中にはいるでしょうから、その場合は間違いなく会社にはプラスです。携帯電話にも同じことが言えます。

ヒプノセラピスト池袋豊島区
ヒプノ セラピー 池袋
PR

直接は無理ってか・・・


携帯会社の狙いが功を奏したのではないですか?、この記事を読むと。面と向かって言えないことをメールで、というようなキャッチフレーズがあったと思いますが、狙い通りになったのではないですか・。2014年7月10日の日本経済新聞の朝刊に載っていた記事です。“小中学生、直接言えないが・・・「携帯なら言える」42% 内閣府調査06年から11ポイント増”という見出しの記事です。調査対象は全国の小学4年~中学3年の男女2000人、うち1404人の回答。内閣府の分析は、「他人に直接相談したり、気持ちを伝えたりできない子供が増えた」と。
自分に自信がない女子中学生が多いようです。73.8%。対して男子中学生は48.0%。これはいいことで、子供に寄り添いながら悩みを聞く親が増えているということ。友達づきあいをめんどうくさいと感じることがある小中学生は19.7%いるようです。思春期は色々と悩みがありますし問題もあるでしょう。思春期のフォローは大切です。

ヒプノセラピーサービス業者
貴方が抱える問題の克服

倒産徐々に増加


2014年7月8日の日本経済新聞に都内の倒産数に関する記事が載っていました。“都内倒産件数19.5%減 1~6月 9年ぶり1000件割れ 民間調べ”という見代の記事です。でました帝国データバンク。その帝国データバンクが7日に発表した2014年1~6月の都内の倒産件数907件。前年同期比19.5%減。全同期比とかじゃなく、倒産していることが問題なんだから倒産件数を失くすようにしないと・・・。脚ものとでは原材料高で仕入れコストが上昇、中小企業の収益を圧迫しているとのこと。いつまでも返済猶予が続くことも考えにくく、徐々に倒産が増加に転じそうだと帝国データバンクはみているようです。
間違いなく増えるでしょうね。のんびり構えている場合ではないのです。都内でだけでこんなに倒産しているのですから、地方の中小企業はもっと深刻な状況なのではないでしょうか・・・。地方のリストラなどが増えないようにしてほしいです。

池袋店カウンセリング業者
池袋 カウンセリング

カテゴリー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア