忍者ブログ

定額制、特か損か


2014年7月8日の日本経済新聞の朝刊。“コスト一定、集客アップ 通話や映画なぜ定額制”という見出しの記事です。記事には定額制サービスの例の表もあります。スポーツクラブ→会費を払うと利用し放題。公共交通→定期券で指定区間は乗り放題。携帯電話→オプション料を払うと国内通話がかけ放題。インターネット接続→会費を払うと使い放題。DVDレンタル→会費を払うと旧作などが借り放題。映画館→会費を払うと旧作など観放題。インターネット普及率(個人)というグラフもあり、定額制の普及が始まった1999年から急激に増えています。一見サービスを提供する会社は損をしそうだともいます。
それが逆なのです。利用者数が増えるので、会社は何も損をしないのです。むしろ儲けの方があるのでは?。サービスによっては。定額制でも利用しないユーザーも中にはいるでしょうから、その場合は間違いなく会社にはプラスです。携帯電話にも同じことが言えます。

ヒプノセラピスト池袋豊島区
ヒプノ セラピー 池袋
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カテゴリー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア