忍者ブログ

それでも信じるのは難しい


白山道さんの2014年7月10日の記事です。“信じると言うこと”というタイトルの記事です。・・・信じる・・・一番難しいような気がします、特に男女関係。最近観た大奥という映画を観て思いました。第三者に、あの男は金に目がくらんで全て吐いた(話した)と言われたら。裏切られた・・・信じていたのに・・・と思うか、それは絶対にない、だって信じていると思うか。大奥では後者でした。それにより、男性は死罪、女性は島流しになりました。お互い信じ合っていたからこその結末です。これがどちらかが信じていなかったら、どちらか一人は助かっていたでしょう。ましてや二人とも死罪がかかっていたわけですから、そんな精神状態の中での心理作戦を仕掛けられた時に自分なら信じることができるか。
うちはどうだろうなぁ・・・。究極の条件だったしなぁ・・・。一晩共にした相手を信じられるか。ましてや3回位しか会っていない相手。でも二人は信じ合ったのです。

学会向けのポスターの印刷
画用紙のような質感、注文

愛知県名古屋市の特許事務所。商標登録出願代行
商標 登録
意匠 登録
特許 出願
実用 新案

ボルボシリーズ
VOLVO各モデル紹介

ヒプノセラピーサービス
潜在意識の旅

顎関節症を整体で治す。大阪市梅田
顎の関節症、梅田
小顔 大阪
顔のゆがみ 矯正 大阪
整体大阪
プロポーション整体 関西
小顔矯正セミナー
美容整体 梅田
小顔 矯正 大阪

タブレット・パソコンの出張引取り、愛媛県
タブレット引取り愛媛
PR

ニーズつかむ力


2014年7月10日の日本経済新聞の朝刊にあった経営者アンケート。“「ニーズつかむ力不足」7割”という見出しの記事です。このアンケートは、日本経済新聞社が国内主要企業の経営者を対象にした「革新力アンケート」の結果を基にした記事です。自社に不足している革新力について、「消費者ニーズをくみ取るマーケティング力」を挙げる回答が最も多く、69.7%。何を持って革新力といっているかといいますと、技術力だけに限らず、製品やサービスを生み出す力、人材や組織の柔軟性、海外展開やM&A(合併、買収)の実行力など企業の成長に寄与する様々な分野を広く定義したとのこと。革新力を伸ばすために必要な国や政府の支援について。
最も多かった回答は規制緩和85%。次いで法人税などの減税56.4%。法人税減税ってどうなのだろうか。前は減税した方がよいのかもしれないと思っていましたが、実はよい事ではないのかもしれないと思い始めてきています・・・。

ヒプノセラピスト料金
ヒプノセラピー

猫背や姿勢の改善を整体で、大阪府
猫背姿勢改善 大阪
美容整体 神戸

リサイクル不可品の処分料金、愛媛県
処分 松山
液晶のテレビ、買取り松山
大量ごみ片付け 愛媛
出張買取松山

米国ネットショップで購入代行するサービス
米国 購入代行

東京都港区の特許事務所のパテント申請サービス
特許 申請

平均的利用者だと


調査メモからという記事に、“平均的な利用者は損?”という見出しがあります。定額制は消費者にとって特か損か、ズバリ。SMBC日興証券のシニアアナリストの方のお話です。「平均的な利用者が定額プランにすると、モトが取れない可能性が高い」と指摘。例→本当に割安になるのは毎日長電話する人、仕事で頻繁に通話する人。仮にすべての利用者が新しい定額プランにうつってしまった場合、携帯電話会社の利益が増えるはずだと。食べ放題も例に上がっていて、サービスを提供する例は過去のデータを分析して、実際の利用(消費)が平均してどれくらいかをかなり正確に把握している。対して消費者側は自分の限界を意外に分かっていない。
この認識のギャップにより、定額ビジネスが成り立っているともいえるのだそうです。ということで、もし定額制が気になる!というのであれば、すぐに飛びつくのではなく、自分がどれだけ使うかを把握して、よく考えてからにした方がいいそうです。

催眠で前世情報を
催眠 前世

ゴミの回収業者、愛媛県
ゴミ回収松山

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア